建物品質・保証

建物品質

家族の明日を守る「地震に強い家」

木造軸組
パネル工法
在来工法(木造軸組み工法)に断熱パネルを組み合わせたパネル工法。地震や台風などの災害で受ける建物への負担を、柱だけでなく建物全体でバランスよく分散することで、優れた耐久性を発揮します。

VIRADIA Vivie が対応

木造軸組パネル工法 イメージ図
木造軸組
在来工法
日本の住宅建築において最も実績のある工法とも言える在来工法(木造軸組在来工法)は、
日本の風土や生活様式とも相性が良く、多くの木造住宅で採用されている工法です。

VIELL が対応

木造軸組在来工法 イメージ図
施工技術や品質管理による性能による差異が起きやすいとも言われる「木造軸組在来工法」ですが、アスティークでは自社一貫体制による施工品質管理を徹底しているため、いつまでも安心してお住まいいただけます。

夏に涼しく冬暖かい内断熱工法

ネオマ
フォーム
柱などの構造材の間に断熱材を充填する内断熱工法を採用。素材には、熱に強く、燃えにくいフェノールフォームを使用しています。小さな泡の中に空気を閉じ込めた独立気泡により、断熱の大敵である水をシャットアウト。また、地球温暖化のことも考えて、全てノンフロン断熱材を使用しています。

VIRADIA Vivie が対応

ネオマフォーム
ネオマフォーム 断面拡大写真
グラス
ウール
20年経っても寸法・断熱性能共に変化がないと言われる「旭ファイバーグラス・Aclear(アクリア)」を採用。シックハウス症候群の原因の一つと言われているホルムアルデヒドを原料に含まず、一般的なグラスウール断熱材に比べ、繊維径が細かく、本数が多いので、断熱性能がさらに向上しています。

VIELL が対応

グラスウールの断熱性能の経時変化
一般的なグラスウールとアクリアの繊維比較

家族を守る強固な基礎

ベタ基礎

土台となる基礎には強固なベタ基礎を採用。基礎幅は強度と耐久性に優れた150mmにすることで確かな安心と安全性をお届けします。

ベタ基礎 イラスト
ベタ基礎 イラスト

床組み

床組みを「3尺升組」+「又根太」構造とし、24mm合板に12mmのフロアを貼るという入念な工法を採用しています。

床組み イラスト

基礎パッキン

基礎パッキンを基礎と土台の間に敷き詰め、自然換気を行い、土台を乾燥させておくことで住まいの耐久性を保ちます。

基礎パッキン イラスト

鋼製束

床下から床を支える大事な役割を担っている床束には耐久性・強度の強い「鋼製束」を採用。床なり・床沈みなどの要素を軽減します。

健康空気をとどける
24時間換気システム

住まいの高気密・高断熱化や冷暖房機器の向上に伴い、窓を閉め切って生活するというライフスタイルが一般化した今日、シックハウスといった弊害が生じることとなりました。建物全体に「健康空気」が流れる、24時間換気システムを採用しています。

換気システム イラスト
24時間換気システム イラスト

「制震ユニット」MIRAIE

繰り返す余震、地震の揺れを吸収する
「制震ユニット」を標準搭載

住む人の安全と大切な住まいを守るため、地震の揺れを最大で95%低減する
木造住宅用制震ダンパーです。

耐震 + 制震[MIRAIE]

揺れを吸収する3つのメカニズム

運動エネルギーを熱エネルギーに変換

一般のゴムボールと高減衰ゴムボールを地面に落とすと、一般のゴムボールが跳ね上がるのに対し、高減衰ゴムボールはほとんど弾みません。これは、高減衰ゴムボールが運動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変えて、吸収・発散するためです。

高いエネルギー吸収性能

高減衰ゴムは、「伸び縮みしながら繰り返し使用できる」というゴムが持つ最大の特徴を活かしながら、高いエネルギー吸収性能を持続します。

高い耐久性と強固な接着力

鉄板と高減衰ゴムの接合に「加硫接着※」を採用。化学反応によって強固な接着を実現します。また、加熱による促進劣化試験では、90年経過しても性能がほとんど変わらず効果を発揮することを確認しています。

※熱と圧力をかけて接合部分を化学的に強固に接着する技術。

メンテナンス性

約90年間※メンテナンスフリーを
実現した
「高減衰ゴム」

エネルギー吸収材に使われる「高減衰ゴム」は、運動エネルギーを熱に変えて吸収・発散します。約90年間メンテナンス不要なので、手間もかからず、エネルギー吸収材に最適な素材です。

※メーカー促進劣化試験の結果による(高減衰ゴムダンパー部分において)
一般的なゴムと高減衰ゴムの違い

建物保証

地盤の品質を保証

第三者機関による地盤調査

建築工事前に、第三者機関(ジャパンホームシールド株式会社)による地盤調査を実施し、建物の建築に適した地盤であることを確認します。引渡しから10年間の保証があります。

引渡しから10年間保証 ジャパンホームシールド株式会社

地盤調査の流れ

調査の流れ イメージ

住宅を保証

住宅瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保履行法に基づき、国土交通大臣指定の第三者機関による住宅瑕疵担保責任保険に加入し、10年間の保証をお付けしています。

瑕疵担保責任 10年間 株式会社ハウスジーメン

保険対象の範囲

住宅瑕疵担保履行法に基づき定められた、「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」が保険の対象となります。
※地震・台風などによる不具合、防虫処理、設備器機、自然の消耗による不具合は免責となります。

地盤保証

登録地盤会社による考察に従い、地盤補強工事や基礎形式が選択された住宅が不同沈下した場合に、建物本体の補修工事だけではなく、再発防止のための地盤補強工事、仮住居費用、身体・財物にかかる賠償費用が保証されます。

地震の備えを導入

地震補償付住宅

家族みんながずっと安心して暮らせる住まい。いざという時の備えのために、「地震補償付住宅制度」を導入し、初年度に限り保険料を弊社負担とします。

初年度にかぎり保険料を弊社負担

災害時、最大500万円を補償

どんなに耐久性のある住宅でも、地震からの災害には防ぎきれない被害があります。地盤保証や、瑕疵保険、火災保険では保障できない部分を「地震補償」でまかないます。

アフターサービス

自社一貫施工だからできる安心対応

アフターメンテナンス

注文住宅を建てる際に検討するポイントは構造工法・断熱性・耐震性など様々ですが、しっかりと確認しておきたいのは、建てた後のアフターメンテナンスについてではないでしょうか。完成して引き渡したらそれで終わり…という業者も決して極端な話ではありません。暮らしの中では必ずといっていい程何らかの問題が生じます。アスティークでは専門スタッフが、皆様に安心して笑顔で暮らしていただけるよう、アフターサポートチームが一丸となってお手伝いさせていただきます。

24時間、365日。

アフターサポートチーム

暮らしの疑問やお悩みにきめ細やかなご対応ができるようにアスティークでは社内にアフターサポート専門のセクションを設けて24時間体制で対応しています。また、お引渡し後もずっと安心して快適にお住まいいただくために、お引渡し後の点検やメンテナンスを実施しております。

お問い合わせ24時間受付中
0800-222-4600

快適な暮らしを支えるために

スマイルクルー

スマイルクルーとは、住まいや暮らしのサポートを通じ、お客様に安心をお届けしているアフターサポート専門のスタッフ。よくある受付待機型のアフターサービスではなく、巡回訪問を行い、お住まいに関する不安や疑問、将来的なリフォームの話、時には子育て相談のような幅広いお話を伺っています。ちょっとしたメンテナンスやお手入れのご相談には、その場で対応することもできます。スマイルクルーは、建物のことだけでなく、暮らしに関わるコンシェルジュのような存在を目指しています。