描いていたマイホームの夢を
一緒にカタチにしてくれたのがアスティークでした。

owner's voice K様邸

モデルハウスを見て、
理想の新居のイメージが湧きました。

K様:海外赴任から帰国して、社宅、実家と生活拠点を移してきましたが、幼い子供もいることから、いずれは一軒家が持ちたいと思っていました。そんなある日、新聞の折り込み広告で近所に宅地用の土地が売りに出ていることを知ったんです。
奥様:それが、ちょうど夫婦で2、3日前に「この土地、いいね〜」と言っていた場所だったんですよ。「もうここしかない!」と、すぐに連絡しました(笑)。
K様:思いがけず理想の土地が見つかり、すぐに建築をお願いする会社探しをすることになりました。家族で住宅展示場を何軒も見て回ってみましたが、どれも決め手がない感じで……。モデルハウスって、なんか現実離れしていて、自分たちが実際そこで暮らすイメージが湧かないんですよね。
奥様:そんなとき、不動産屋さんから紹介されたのがアスティークさんでした。調布のモデルハウスを見せてもらったんですが、デザインが可愛いし、間取りや動線がよく考えられていて使いやすそうだし、見終わった後に「これだ!」と夫婦の意見が一致しました。
K様:それまでモヤっとしていた頭の中に、スッーと心地よく新しい生活のイメージが入ってきた感じでした。そこからはアスティークの担当の松尾さんと一緒に、具体的なプランを組み立てていくことになりました。

私たちの希望を実現するために、前向きに考えてくれました。

K様:松尾さんには、これまで考えていた新居のアイデアをストレートにぶつけました。リビングはなるべく広々と、主寝室は天井を高く、家事がしやすい回遊式の動線にして……というように、いろいろとお願いしたのですが、数日後、それを見事に反映した最初のプランが出てきました。それを見て、すぐに気に入りましたね。
奥様:私たちの要望をよく聞いてくれる——。それもアスティークさんに決めた大きな理由のひとつです。ほかの会社さんに相談したときには、設備の種類や配管の位置などの制約が多く、なかなか希望通りのプランにならないこともありました。でもアスティークさんは、私たちの要望に真摯に向き合ってくれて、実現できるよう前向きに取り組んでくれたんです。
K様:例えば私は、子供と遊ぶプラレールの線路をいちいち片付けなくてもいい、専用ルームをつくることが夢でした(笑)。それを松尾さんに伝えたところ「いいなぁ。うちにも男の子がいるので、お気持ちよくわかります。ぜひつくりましょう!」とノッてくれて…。「PSR(プラレール・専用・ルーム)」と名付けたその部屋は、勾配天井の主寝室を見下ろす小屋裏収納という形で実現しました。
奥様:こちらの希望を伝えたときに「できない」「難しい」という返答ではなく、「いいですね!」「こうするともっと楽しくないですか!?」という言葉を返してくれるのがアスティークさんでした。そんなやり取りがとても楽しくて、打ち合わせ帰りの車の中では家族でさらに新しいアイデアを膨らませていましたね。

家族みんな、
「ウチが一番安心」という実感があります。

K様:完成した新居に暮らしはじめて半年が過ぎ、いまは毎日その幸せに浸っています。
奥様:私はとくにキッチンの使いやすさに満足しています。持っている調理道具に合わせて収納をつくってもらったので、整理整頓がとても楽。スパイスニッチやパントリーなど、食材の収納スペースも十分なので、どこに何があるか、ひとめで把握できます。さらにはコンセントの位置なども、設計士さんにアドバイスをもらいながらよく考えたので、効率的に家事ができます。
K様:デザインだけでなく、建物の頑丈さも驚くほどでした。『MIRAIE(ミライエ)』という地震の揺れを吸収する技術が使われているとのことで、すぐ近所に住んでいる両親が「すごい地震だったね」と電話をかけてきたときも、ウチでは揺れに気づかなかったということもありました。
K様:「自宅が一番安心で落ち着ける」という感覚は、子供たちにとっても大切なことだと思っています。同年代の子供をもつママ友からは「ウチの子はすぐに公園に行きたがって大変!」という話をよく聞くのですが、息子はとにかくおうちが大好き。きっと家の中で走り回ったり、かくれんぼしたりというスペースがあることと、家具がほとんど造りつけで、ぶつかったり、つまずいたりする危ないものがないことで、安心して遊べるからかもしれません。

永く、大切に暮らしていきたい住まいができました。

奥様:アスティークさんと出逢ってから家が完成するまでの5ヶ月間、いま振り返ってみても、本当に楽しかった。完成したときには「住まいづくりが終わってしまった」と少し寂しく感じたくらい(笑)。間取りはもちろん、照明、壁紙、スイッチなどの細かな部分まで、納得いくまでこだわってつくることができました。私たちのワガママに根気強く付き合ってくれたアスティークさんに感謝しています。
K様:“PSR”で自由にプラレールを走らせたり、テラスで食事をしたり、子供の成長に合わせて我が家で楽しめることがどんどん増えていくでしょう。たくさんのアイデアと愛情を注いでつくった家ですので、永く、大切に暮らしていけたらなと思っています。

その他のお客様の声を見るowner's voice

描いていたマイホームの夢を
一緒にカタチにしてくれたのが
アスティークさんでした。

詳しく見る